恋の授業

2回目のデートの約束は、デート帰りに確定させろ

 

悩んでる人
今度好きな女性と、初デートをします。出来れば2回目のデートの約束もしておきたいです。断られない誘い方があれば教えてください。

 

こんな相談を解決します。

 

 

本記事の信頼性

ティア先生
この記事を書く僕は、前職はアパレル会社勤務、現在はホテルオーナーとして生計を立てています。
これまでの恋愛相談者は男女あわせて400名以上、女性が7割です。小規模セミナーを開催し、収入で月30万円ほど稼いでいます。
わりと自由に生活しつつ、ブログ運営と趣味や恋愛に時間を注いで生きてます。

 

 

初デートの別れ際に、必ずLINEをさせて、次回のデートの約束を決めてしまいましょう。

僕は本記事の内容を実践し、その日のうちに、2度目のデートの約束をしてきました。

 

記事の前半では、『断られない為の心理テクニック』2つを解説していますので、まずは前半を理解してください。

後半では、前半記事を踏まえたうえで、『次のデートに誘うLINEの使い方』を解説します。

記事の内容を理解し、実践することで、相談内容は解消されます。

 

それでは授業を始めます。

 

【マインドシェア】【一貫性の法則】で断られないデートの誘い方

 

好きな人が出来ると、その人の事を一日中考えてしまいますよね。

ほとんどの人が勘違いしているのですが、『好き』だから『考えてしまう』の順番ではないのです。

本当の順序は『その人の事をなぜか考えてしまう』『好きかもしれない』が、気になる存在になる始まりなのです。

 

マインドシェア(脳内占有率)とは

 

人間は一日のうちで色々なことを考えます。

心の中を占める考え(心の占有率)をマインドシェア』と言い、その人が一日の中で考える事柄を示す指標となります。

好きな人が、あなたを考える時間を増やし、『好きなのかもしれない』と意識を内に向けさせることがポイントになります。

 

気になる相手のマインドシェアを奪う有効手段は下記の通り。

  • 単純接触効果
  • 心の駆け引き

この2つを意識すれば、気になる人のマインドシェアを奪えます。

 

その①:単純接触効果【繰り返し接すると好感度や印象が高まる】

 

単純接触効果は、有名な心理法則ですね。

『実際に会わなければいけない』と思っている人が多いですが、下記の方法でも効果はあります。

  • メールやLINE
  • 電話
  • 動画

単純接触効果を繰り返す上ではネガティブ発言は絶対ダメ。

相手に対して、常にポジティブな内容を発信することで、あなたのマインドシェアを高めることが出来ます。

 

単純接触効果において、こちらの記事でも理解することが出来ます。良ければどうぞ!

⇒恋愛の基本!近くに感じてもらい相手の心を逃がさない方法

 

その②:心の駆け引きをする

 

相手のマインドシェアを、あなたで占有するには、恋愛でよく使われる【駆け引き】を上手に使いましょう。

駆け引きのポイントについては、今回詳しく説明しませんが、駆け引きは、『相手の意識を自分に向けさせる』テクニックです。

 

一日の中で、あなたのことを考える時間を高めさせるには、最も有効でしょう。

(※駆け引きをテーマにした記事については、新たに更新します)

駆け引きをする場合は、ある程度、好意的でいてくれている人にだけしよう。

⇒好きな人が自分を好きかわかる行動

 

一貫性の法則(原理)とは

 

一貫性の法則は、自分の行動や発言を変えずに、やり遂げようとする人の心理を言います。

ティア先生
『一度言ったからには、矛盾した行動はとりたくない』と思いますよね。

 

次の項から、この『一貫性の法則』『マインドシェア』を有効に使って、断られないデートの誘い方を解説します。

 

帰り際にLINEさせる約束をすることが絶対

 

初デートが無事に終わり、別れ際に必ず『家についたら、ちゃんとカギ閉めて、絶対にLINEしてね』と伝えてください。

これは、僕が今まで遊んできた、すべての女性に対して言ってきたことです。

 

なぜLINEをさせるのかを説明します。

 

別れてからの帰り道が心配だからLINEさせる

これは、自分が心配している事をアピールする事でもあります。

そして女性にも、『心配してくれてる』『大事にされてる』と思わせることが目的です。

 

鍵を閉めたか心配だからLINEさせる

もしも、ドライブデートなどの場合は、家の前まで送り届けることもあります。

一人暮らしであれば、『家の鍵ちゃんとかけたらLINEして』と言います。

家に着いたら連絡させることは、少なくとも帰り道の間、あなたの事を考える時間になりますよね。

 

マインドシェアを有効化させる

 

帰ったら連絡をしなくてはいけないのだから、頭の片隅では【帰ったらあなたにLINEをする】という意識がずっと残るのです。

これは、とても大きな意味を持ち、デートの余韻に浸る時間を作らせるのです。

 

もうバイバイしたからと言って、友達と連絡を取ったり、SNSを見続けたりして、あなたとのデートの余韻がなくなるのを防ぐことが目的です。

5分でも10分でも長く、【相手の意識の中にあなたを残す】これが相手のマインドシェアを奪う大事なことなんです。

 

一貫性の法則を有効化させる

 

そして、彼女が自宅に着いたら、約束通りLINEが来ます。

ここがポイントなんですね。

今日はありがとう。楽しかったね。また行こうね!

こんな感じのLINEが普通でしょうか。

 

もちろん、帰り道が心配だから、家に着いたらLINEをさせるというのは、モテる男なら必ずやっている事だと思います。

 

しかし、次回のデートに誘うにも、女性の方から自発的にLINEを送らせる事が重要なんです。

なぜなら、【自分の口から言った】【自分の手でLINEを送った】という事実が『一貫性の法則を有効化』させるからです。

自発的に『楽しかった』『また行こうね』と言ったことに対して、矛盾した行動はとりづらくなるのです。

ここで、僕は必ず、『じゃあ、次はどこ行こうか』というLINEを送りつけ、女性の断る理由を消します。

 

僕の場合は電話しちゃいます

 

もちろん、そのままのLINEの流れで、次回のデートの約束をしても良いでしょう。

ここまでの流れになったら、すぐに電話に切り替えて連絡しちゃいます。

ティア先生
鉄は熱いうちに打つタイプなので、サッサと話しちゃった方が早いですからね。

 

こんな感じで、次回のデートは、その日のデートの帰り道に予定を決めてきました。

僕は今まで、これでダメだった記憶はないです。

 

2回目のデートの約束は、デート帰りに確定させろ:まとめ

 

ここでしっかりと、まとめておきましょう。

  • 『マインドシェア』と『一貫性の法則』を理解する
  • デートの別れ際には『家に着いたらLINEして』と約束させる(マインドシェア)
  • 連絡が来たら、次回のデートをサッサと決めちゃう(一貫性の法則)

今回は、LINEをさせる事がメインの内容でした。

心理テクニックについては、詳しく解説する機会があれば記事にします。

 

それでは次回のデートも楽しい恋になりますように!

 

 

今回の授業はここまで

 

-恋の授業
-, , , ,

Copyright© MOTE BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.